ホーム > 例会・委員会毎活動-事業グループ-教育・人材育成委員会 役員・事業計画

事業グループ

教育・人材育成委員会 役員・事業計画

活動報告

委員長 手嶋 節子
副委員長 肥後 勝彦 池谷 俊和      
運営委員 川崎 恭資 島田 秀樹 西村 秋 東 清三郎 前田 晋吾

地方では、人口減少のスピードは加速し、都市部への人口集中が進む中で、経済規模の縮小をはじめとし、都市機能の衰退が危惧される状況にある。また、労働人口の減少により、鹿児島県内においても、あらゆる分野で人手不足の問題が現出してきている。
 鹿児島県は従来から高校・大学の新卒者の地元就職率が極めて低く、人材流出県として知られている。当委員会としては、鹿児島県の「未来を拓くキャリア教育推進事業」や鹿児島大学等が行う「COC+事業」等を通じ、学生と地元企業を繋ぐ活動を実施してきた。これからも、新卒者の地元定着を支援するための取組みを継続していきたい。
 また、本県は教育県として知られていたが、近年の小中高生の学力低下は著しいものがある。その原因はどこにあるのか、どのようにすれば再生できるのか等探っていきたい。
 九州経済同友会では、昨年「九州における人口減少・少子化対策のあり方」を取り纏め発表した。提言は多岐にわたっているが、基本的な考えとしては、魅力的な雇用の場を提供し、従業員が安心して子供を産み育てることのできる職場環境を整備すれば、人口流出の抑制と出生率の改善に貢献できるというものである。地方再生につながる考えだと思料する。当委員会としても、この考えに沿った活動を展開していきたい。

 



活動報告

ページの上へ移動

鹿児島経済同友会
tel:099-222-4492
fax:099-225-0402
info@kagoshima-keizaidouyukai.jp
| プライバシー・ポリシー |